8,640円以上お買い上げで送料無料

kimikura

2021/11/29

私のお茶時間 #04 平野耕志さん

投稿者:きみくら編集部

リラックスしたいとき、季節を感じながら、家族と一緒に。
スタイルを持って様々なジャンルで活躍されている方々の「お茶時間」を教えていただきました。
自分らしいお茶の楽しみ方を見つけるきっかけになればと思います。

-- vol.04 平野耕志さん / キウイフルーツカントリーJapan代表、海外農業専門家

世界中で出会う友人とのひとときに

Q1.お茶の楽しみ方を教えてください

A1.お茶畑に囲まれて育った私は小さい頃から、かくれんぼや鬼ごっこ、茶のみ合戦などみんなで遊ぶ公園のような場でした。 また日常的にも水筒の中身はお茶だったり、ご飯のおかずもお茶の天ぷら!お茶は家族にとって生活の一部だとも感じます。 最近の楽しみ方は、コロナ禍で焚火をする機会が増えましたね。 焚火で沸かしたお湯で入れるお茶も雰囲気があってとても好きです。 使った茶葉はベーコンやニンニク、オリーブオイル、塩コショウと一緒にして、茶ノベーゼ(ジェノベーゼ風)や茶ヒージョ(アヒージョ風)にして食べます。 バジルやハーブみたいにいろいろな料理に活用できることも魅力ですね。

Q2. あなたにとってお茶の時間はどんな存在ですか?

A2.世界中どこへ行くときも「茶こし」と「茶葉」は欠かせません。 アウトドアのリフレッシュに、畑の上でのいっぷくに、世界中で出会う友人とのひと時やプレゼントに、どんな状況にも必ず合わせてくれる万能薬。

平野耕志
profile:キウイフルーツカントリーJapan代表、海外農業専門家
地球に優しい農法でキウイやお茶を栽培した、観光農園を経営。 発展途上国を中心に、農業を通じたHIV/TBの予防啓発活動や震災地支援、農業活性化等に従事。 また国内でもお茶の活性化を図った「高校生向け掛川修学旅行」事業を開始。 (Instagram:@kiwicountry91)