8,640円以上お買い上げで送料無料

kimikura

2022/10/17

接茶で出会う理想のお茶

投稿者:きみくら編集部

日本有数のお茶処、静岡県掛川に本店を構える「きみくら」では厳選した日本茶のほか、お茶の時間を豊かにしてくれる茶道具やお菓子、季節毎のギフトをご紹介しています。
一階の接茶コーナーでは季節のおすすめのお茶から定番のお茶までお試しいただけます。
専門のスタッフがお話を伺いながらお茶をご提案いたしますのでお気軽にお声がけください。

※店舗の混雑状況により、お待ちいただくことがございますのでご了承くださいませ。

自分にあったお茶をお探しの方
いつもとは違うお茶を飲んでみたい方
おもてなし用のお茶をお探しの方
ぜひ、きみくらのスタッフにお声がけください。

オンラインショップからは、下記よりお問合せくださいませ。

12月の接茶のお茶「秘壷蔵」

静岡県浜松市の最北に位置する天竜の山奥に、開通することなく今も残る佐久間線のトンネル。
年間を通じトンネル内の温度が一定に保たれ、外部からの影響を受けにくいことから、現在はワインセラーとして生まれ変わっています。
その自然の貯蔵庫で、ひと夏じっくりと熟成させた「秘壷蔵(ひこぞう)」は、深いコクと甘みが特徴の深蒸し茶です。
新茶時期に摘み取った茶葉を茶師が仕上がりを見極め火入れした状態でトンネルへ運び込まれます。
熟成を経て角のとれたまろやかな味わいは濃厚なスイーツとも相性が良く、ご自宅にはもちろん贈り物にも人気のお茶です。

12月の接茶のお茶
秘壷蔵(ひこぞう)
熟成を経て角のとれたまろやかな味わいは濃厚なスイーツとも相性が良く、ご自宅にはもちろん贈り物にも人気のお茶です。
[80g]¥1,188

定番のおすすめ茶

きみくらについて

きみくら本店がある静岡県掛川市は、第75回全国茶品評会 深蒸し煎茶の部において、2年連続通算23回目の産地賞を受賞しました。

また、静岡県の茶栽培では、「茶草場農法」という農法が取り入れられています。
「静岡の茶草場農法」は2013年に世界農業遺産(GIAHS)に認定されました。
この農法では秋から冬にかけて茶畑の周辺にある【茶草場】の草を刈り茶畑の畝間に敷いていく作業をおこないます。
秋になるときれいに草が刈りとられ、丁寧に束ねられ干してある風景がそこかしこに見られます。
草を敷くことで茶の品質がよくなることから、茶農家の方々はてまひまかけて草を刈り敷いていきます。

そんな、世界に誇る茶生産産地である掛川市で、きみくらは茶と茶と暮らす人々とともに活動しています。

きみくらの起源は1891年の農業共同組合発足にさかのぼります。
グループ会社である丸山製茶の創業者となる丸山辻松が茶商として事業をスタートしました。
現在は、熟練の茶師が目利きしたお茶を仕入れ、静岡県内の深蒸し茶を中心に日本各地のお茶を取り揃えています。
また、お茶に合うお茶菓子の開発やお茶の種類に合わせてた茶器のご提案なども行っております。
日本茶きみくら 本店
静岡県掛川市の中心市街地からほど近く、お茶畑の間を抜け、緑豊かな場所に「日本茶きみくら本店」はあります。
二階の茶寮では、極上の日本茶とともにお菓子や季節毎に変わるスイーツメニューをお楽しみいただけます。

静岡県掛川市板沢510-5
TEL : 0537-24-6008
営業時間:10:30~18:00(オーダーストップ 17:30)
定 休 日:年末年始