8,640円以上お買い上げで配送料無料
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

10/11までポイント3倍|秋の季節商品が入荷しました
  1. トップ
  2. 運べ、熟成茶。

運べ、熟成茶。

投稿者:きみくら編集部
(ここは天竜の山の中。茶師たちがお茶を運ぶ先に、「相津トンネル」があります。)

入念に仕込みを終えたそのお茶が封印されたずっしり重い茶箱を肩に担ぎ、茶師たちが向かう山深い道のその先に、相津トンネルはひっそりと佇んでいます。

南アルプスからの清流が山間を縫って天竜川へと注がれるここ天竜地区は、豊かな森林に囲まれて、静せいひつ謐な空気に包まれた場所。 かつてこの天竜地区と長野県伊那地方を結ぶ鉄道路線として佐久間線が計画されたことがありました。 しかし工事半ばで開通することが無かったその幻の路線は、人の手が作り出した産物にもかかわらずいつしかひっそりと自然の一部になっていました。

未完成のままとなった相津トンネルがワインセラーとして使われるようになったのは約十五年前のこと。
振動がなく、年間を通じて一定の温度と湿度に保たれたトンネル内の環境はワインの貯蔵にとって最適です。

(ここは天竜の山の中。茶師たちがお茶を運ぶ先に、「相津トンネル」があります。)

この天然の貯蔵庫を利用してお茶を熟成してみたら、いったい味にどんな変化が生まれるのだろう?
茶師たちのそんな探究心から深蒸し茶「秘壷蔵」のトンネル保管は始まったのでした。

秘壷蔵は新茶の時期に採れた茶葉を強めに火入れし、この貯蔵庫でひと夏熟成させます。
山奥のトンネルに続く坂道は車両が通れないため、20㎏近い茶箱を肩に担いで運び込まなければなりません。

熟成茶の起源は、じつは江戸時代にまで遡ります。
お茶通として知られた徳川家康公は、春に摘んだ一番茶を茶壷に入れて井川上流の山奥に運ばせ夏の間冷涼な高地で大切に保管し、 晩秋になるとそのお茶を駿府城へと運ばせ、熟成したお茶の深い味わいを愛したといわれています。
低温貯蔵でひと夏じっくり寝かせたお茶は、新茶の青々しい新鮮さとはまた違う、まろやかでコクのある芳醇なお茶に生まれ変わったのでした。

(細い石段を登りきった先で相津トンネルの趣のある大きな扉が迎えてくれます。)

さて、今年も秋が来てトンネル熟成茶「秘壷蔵」のお目見えです。
天然の貯蔵庫の中でゆるやかな時間を過ごし、熟成の時を迎えた今年の秘壷蔵が季節を超えていま茶師たちの手元に帰ってきました。
時の移ろいを経て旨味が凝縮され、より一層の深みと奥行きを増したきみくらの秋を代表するお茶の味わいを是非ご賞味ください。

秘壷蔵(ひこぞう)

トンネルでゆっくりと熟成され、コクと甘みが深まった今年の「秘壷蔵」をお楽しみください。
[80g] 1,188円(税込)

秘壷蔵ティーバッグ[カップ用]

秘壷蔵(ひこぞう)をより身近に楽しんでいただけるティーバッグタイプです。
[2.5g×15 個入 ] 1,080円(税込)

秘壷蔵ギフト

まろやかな熟成茶の贈り物はいかがですか?
のし・掛け紙 無料で承ります。
2,500円(税込)〜

閉じる